新宿警察署で逮捕された人に接見・面会するには | 警察署への面会・接見、刑事弁護のことなら弁護士法人ALG刑事チームへお任せください。

刑事弁護逮捕解決 0120-773-405 お問合せ

新宿警察署で逮捕された人に接見・面会するには

新宿警察署で逮捕された人に接見・面会するには

新宿警察署へのアクセス

新宿警察署の所在地

〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-1-1

逮捕され、逮捕時より72時間は通常一般面会、接見ができません

警察は48時間以内に、逮捕者を検察へ送検しないといけません。
この48時間の間はいかなる証拠の隠滅を防ぎ、実況見分や取り調べなどで証拠収集を行います。

接見・面会へ行き接見禁止と言われたら

新宿警察署で「接見禁止」と言われたら・・・

弁護人以外の面会が禁止されている場合があります(裁判所による「接見禁止」)。
その場合は、弁護人以外は、たとえご家族であっても面会ができません。

初回接見・面会 逮捕時からの刑事弁護活動

新宿警察署へ接見・面会に向かう弁護士費用

新宿警察署へ弁護士を出張させるための接見・面会の弁護士費用は、1万円※交通費含む(税別)~となっています。

※ 接見、出廷、示談や調査のための出張等、弁護士の外出が必要な場合、接見・出廷・出張日当が生じます。
※ 接見、出廷、示談や調査については1時間から2時間程度の活動を予定しています。
※ 新幹線料金、飛行機料金、タクシー料金以外の交通費を含みます。
※ 新幹線料金、飛行機料金、タクシー料金は別途実費を頂きます。

警察署での接見・面会に向かう弁護士費用の詳細はこちらから

新宿警察署へ接見・面会に向かう弁護士情報

新宿警察署における留置施設面会は、弁護士法人ALG&Associates 東京本部(東京都新宿区西新宿6-22-1 新宿スクエアタワー28F)刑事弁護チームの刑事事件に強い弁護士が担当する予定です。

新宿警察署に逮捕され接見・面会を弁護士に依頼する重要性

新宿警察署に逮捕された逮捕者は法律の知識がないことが多々あり、拘束されて外部の社会との接点、連絡が遮断されているため、黙秘などの権利を有効に行使することが難しい状態です。
そこで、逮捕者の知識を補うことにより、防御権を十分に保障するために弁護人依頼権があります。
この弁護人依頼権を実現するためには、拘束中の逮捕者が弁護士と自由に接見・面会し、事件の内容や自分の言い分を主張することにより、弁護士による法的な適切なアドバイスを受ける機会を保障する意味があります。
この接見・面会が守られることで、拘束されて社会との接点が遮断されている逮捕者が弁護士を通じて社会との接点を持ち、精神的な安定を得られ、毎日に渡る取り調べによる疲労や重圧を回避し、弁護士が違法な取り調べがないかチェックすることで、逮捕者が不利な証言をしないように弁護士との話し合うことで不起訴に向けた弁護活動が可能になります。
また、弁護士以外との接見・面会には、立会人(警察官)が付き、接見時間も原則、20分以内に制限されます。
さらに、被疑者には接見禁止がつくことがあり、接見禁止が決定した場合は、弁護士以外は例え家族であっても接見・面会することができなくなります。

逮捕直後から刑事事件に弁護士をつけるメリット

息子が顔見知りの女の子を強姦し新宿警察署に逮捕されてしまいました

大学生の息子がいます。今は県外の大学に通っているため一人暮らしをしていますが、ちょくちょく帰ってきては年の離れた妹の世話をしてくれる優しい子どもです。そんな息子が強姦の罪で新宿警察署に逮捕されるなんて考えたこともありませんでした。警察の方が電話で言うには、息子は自分の部屋に同じサークルの女性を連れ込みお酒に酔わせて暴行を行ったということで、その女性が新宿警察署に相談したことでその事実が発覚、逮捕となったということでした。息子の友人も犯行に加担したため逮捕されているということですが、名前などは教えてもらうことができませんでした。

新宿警察署に出向き詳しくお話をきかせてもらいましたが、犯行が行われた場所の住所も確かに息子が一人暮らしをしている部屋のものでした。警察の方が仰る事件のあった日には、私も娘も息子とは連絡を取っていません。だけどどうしても息子が女性に対してそんなことをするなんて信じられないんです。

娘にとってあれだけ優しいお兄ちゃんでいてくれたのに、そのように女性の尊厳を汚すようなことができるものでしょうか?おまけに息子には、こちらにいるときからお付き合いが続いている彼女もいるはずなのです。年頃の子どものことです、あまり根掘り葉掘り尋ねても嫌がられるだろうと見守っていましたが、彼女との仲がうまくいっておらず、それでこのようなことになってしまったのでしょうか?

聞きたいほどが山ほどあり、新宿警察署の方へ息子との接見・面会を申し出ましたが、今はそれはできないと断られてしまいました。釈放してもらえるのか、このまま勾留となるのか、決まるまでは家族も会うことはできないのだそうです。ということは、その決定が届くまで私は息子の無実を信じながら泣いていることしかできないということなのかと考えると絶望的な気持ちがしています。どうにかして息子の話を聞き、事件の真実を知る方法はないのでしょうか?

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。
実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務で負っています。
ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。
秘密厳守でプライバシーマークを取得している当法人が対応致しますので、安心してご相談ください。

新宿警察署で「接見禁止」と言われたら・・・

弁護人以外の面会が禁止されている場合があります(裁判所による「接見禁止」)。
その場合は、弁護人以外は、たとえご家族であっても面会ができません。

初回接見・面会 逮捕時からの刑事弁護活動

新宿警察署へ接見・面会に向かう弁護士費用

新宿警察署へ弁護士を出張させるための接見・面会の弁護士費用は、1万円※交通費含む(税別)~となっています。

※ 接見、出廷、示談や調査のための出張等、弁護士の外出が必要な場合、接見・出廷・出張日当が生じます。
※ 接見、出廷、示談や調査については1時間から2時間程度の活動を予定しています。
※ 新幹線料金、飛行機料金、タクシー料金以外の交通費を含みます。
※ 新幹線料金、飛行機料金、タクシー料金は別途実費を頂きます。

警察署での接見・面会に向かう弁護士費用の詳細はこちらから

新宿警察署へ接見・面会に向かう弁護士情報

新宿警察署における留置施設面会は、弁護士法人ALG&Associates 東京本部(東京都新宿区西新宿6-22-1 新宿スクエアタワー28F)刑事弁護チームの刑事事件に強い弁護士が担当する予定です。

逮捕直後から刑事事件に弁護士をつけるメリット

横領の罪に問われた娘が新宿警察署に逮捕されて困ってます

今年で40になる娘がおります。一人娘で幼いころから目の中に入れても痛くないほどに可愛がってきましたが、独立心の強いしっかりした娘に成長し、今は親元を離れて正社員として働いています。2年ほど前に離婚したためシングルマザーとなりましたが、辛い境遇でも親に頼りきりになることもなく、強く生きている娘を妻ともども誇りに思っていました。ところが昨日、娘が逮捕されたと新宿警察署の方から連絡が入ったのです。


時刻は早朝のことでした。私も妻も既に仕事はリタイアしておりますので、すぐさまお電話を下さった新宿警察署へと伺いました。警察の方のお話では、娘の罪は「業務上横領」なのだといいます。経理を担当している娘が、私用のために会社の通帳を使ってお金を引き出し、帳簿に細工をしていたというのです。その額はおよそ400万円、とてつもない数字です。新入社員が入ったことで帳簿の不自然さが表沙汰になり、娘は今朝、自宅を訪問した警察官によって逮捕されたということでした。


あの真面目な娘がなぜ、というのが一番最初に感じたことです。私たち夫婦も決して裕福な方ではありませんが、娘が困っているのなら援助を惜しむつもりはありません。お金に困っているのならなぜ相談してくれなかったのでしょうか。ところがそのとき、考え込む私に妻が言いました。娘には新しい彼氏ができたはずだと。それを聞いてパズルのピースが埋まったように思えたのです。正社員の娘の稼ぎがあれば、幼い子どもと二人だけならば十分に生活していけるはず。それ以上の何かを求めて会社の金に手を出したとすれば男が関係しているに違いないでしょう。それならばすべてが娘の責任だというわけではないはずです。


娘の彼氏の連絡先を尋ねるため、私は新宿警察署の方に娘との接見・面会を求めました。しかしなんと、勾留が決定されるまでの72時間は会うことができないというのです。家族だというのになぜなのでしょうか。娘の罪をできるだけ軽くするためにも、早く娘から色々なことを訊きだす必要があります。どうすればすぐに娘と接見・面会することができるのか、その方法を必死で探しています。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。
実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務で負っています。
ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。
秘密厳守でプライバシーマークを取得している当法人が対応致しますので、安心してご相談ください。