佐用警察署で逮捕された人に接見・面会するには | 警察署への面会・接見、刑事弁護のことなら弁護士法人ALG刑事チームへお任せください。

刑事弁護逮捕解決 0120-773-405 お問合せ

佐用警察署で逮捕された人に接見・面会するには

佐用警察署で逮捕された人に接見・面会するには

佐用警察署へのアクセス

佐用警察署の所在地

〒679-5301 兵庫県佐用郡佐用町佐用3133

逮捕され、逮捕時より72時間は通常一般面会、接見ができません

警察は48時間以内に、逮捕者を検察へ送検しないといけません。
この48時間の間はいかなる証拠の隠滅を防ぎ、実況見分や取り調べなどで証拠収集を行います。

接見・面会へ行き接見禁止と言われたら

佐用警察署で「接見禁止」と言われたら・・・

弁護人以外の面会が禁止されている場合があります(裁判所による「接見禁止」)。
その場合は、弁護人以外は、たとえご家族であっても面会ができません。

初回接見・面会 逮捕時からの刑事弁護活動

佐用警察署へ接見・面会に向かう弁護士費用

佐用警察署へ弁護士を出張させるための接見・面会の弁護士費用は、1万円※交通費含む(税別)~となっています。

※ 接見、出廷、示談や調査のための出張等、弁護士の外出が必要な場合、接見・出廷・出張日当が生じます。
※ 接見、出廷、示談や調査については1時間から2時間程度の活動を予定しています。
※ 新幹線料金、飛行機料金、タクシー料金以外の交通費を含みます。

警察署での接見・面会へ向かう弁護士費用の詳細はこちらから

佐用警察署への接見・面会に向かう弁護士情報

佐用警察署における留置施設面会は、弁護士法人ALG&Associates 姫路支部(兵庫県姫路市東延末3丁目12番地 姫路白鷺ビル301号)の刑事弁護チームの刑事事件に強い弁護士が担当する予定です。

佐用警察署に逮捕され接見・面会を弁護士に依頼する重要性

佐用警察署に逮捕された逮捕者は法律の知識がないことが多々あり、拘束されて外部の社会との接点、連絡が遮断されているため、黙秘などの権利を有効に行使することが難しい状態です。
そこで、逮捕者の知識を補うことにより、防御権を十分に保障するために弁護人依頼権があります。
この弁護人依頼権を実現するためには、拘束中の逮捕者が弁護士と自由に接見・面会し、事件の内容や自分の言い分を主張することにより、弁護士による法的な適切なアドバイスを受ける機会を保障する意味があります。
この接見・面会が守られることで、拘束されて社会との接点が遮断されている逮捕者が弁護士を通じて社会との接点を持ち、精神的な安定を得られ、毎日に渡る取り調べによる疲労や重圧を回避し、弁護士が違法な取り調べがないかチェックすることで、逮捕者が不利な証言をしないように弁護士との話し合うことで不起訴に向けた弁護活動が可能になります。
また、弁護士以外との接見・面会には、立会人(警察官)が付き、接見時間も原則、20分以内に制限されます。
さらに、被疑者には接見禁止がつくことがあり、接見禁止が決定した場合は、弁護士以外は例え家族であっても接見・面会することができなくなります。

逮捕直後から刑事事件に弁護士をつけるメリット

佐用警察署に父が援助交際で逮捕されたため、接見、面会したい

今朝のことですが、父が逮捕されて佐用警察署に連行されました。
逮捕容疑は援助交際を行ったことが原因の児童買春だそうです。どちらかといえば厳格で硬派な父なので、逮捕されてしまったことは元より容疑の内容に関しても驚いています。
私は同性ということもあり比較的冷静で、こうして文章を書くこともできていますが、母はショックが大きいようです。父のことを夫として見れば今後の生活をどうするべきなのか悩むでしょうし、単純に男として見ればプライドを傷付けられたという思いも強いでしょうから当然だと思います。

現在は一家三人で生活しているのですが、実は昨年中は父と母は些細なケンカが原因で別居しており、どうやら援助交際はその期間中に行っていたようです。イライラをぶつけた結果なのでしょうが、なぜ合法な方法で解消することができなかったのかなという思いがあります。相手となった女性が捕まったことがキッカケで父の存在が発覚して、今回の逮捕へと繋がったようです。

母がすぐに佐用警察署に行って接見、面会することは心理状態的に無理だと思いますが、ひとまずは私が父と話し合って今後の方向性を定めていきたいと考えています。私が佐用警察署へ行き接見、面会を申し出たところ接見禁止と言い渡されてすぐに父と顔を合わせて話すことができません。
父の意思や弁解についても詳しく聞くことのできない状態で、今後の見通しを立てることができずにフラストレーションが溜まっています。父に何らかの言い分があるのであれば、少しでも早く家族の助けも力にしながら進めるべきだと思うのですが、どうすれば第三者のアドバイスを届けられるでしょうか。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。
実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務で負っています。
ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。
秘密厳守でプライバシーマークを取得している当法人が対応致しますので、安心してご相談ください。