生田警察署で逮捕された人に接見・面会するには | 警察署への面会・接見、刑事弁護のことなら弁護士法人ALG刑事チームへお任せください。

刑事弁護逮捕解決 0120-773-405 お問合せ

生田警察署で逮捕された人に接見・面会するには

生田警察署で逮捕された人に接見・面会するには

生田警察署へのアクセス

生田警察署の所在地

〒650-0004 兵庫県神戸市中央区中山手通2丁目2-25

逮捕され、逮捕時より72時間は通常一般面会、接見ができません

警察は48時間以内に、逮捕者を検察へ送検しないといけません。
この48時間の間はいかなる証拠の隠滅を防ぎ、実況見分や取り調べなどで証拠収集を行います。

接見・面会へ行き接見禁止と言われたら

生田警察署で「接見禁止」と言われたら・・・

弁護人以外の面会が禁止されている場合があります(裁判所による「接見禁止」)。
その場合は、弁護人以外は、たとえご家族であっても面会ができません。

初回接見・面会 逮捕時からの刑事弁護活動

生田警察署へ接見・面会に向かう弁護士費用

生田警察署へ弁護士を出張させるための接見・面会の弁護士費用は、1万円※交通費含む(税別)~となっています。

※ 接見、出廷、示談や調査のための出張等、弁護士の外出が必要な場合、接見・出廷・出張日当が生じます。
※ 接見、出廷、示談や調査については1時間から2時間程度の活動を予定しています。
※ 新幹線料金、飛行機料金、タクシー料金以外の交通費を含みます。

警察署での接見・面会へ向かう弁護士費用の詳細はこちらから

生田警察署への接見・面会に向かう弁護士情報

生田警察署における留置施設面会は、弁護士法人ALG&Associates 姫路支部(兵庫県姫路市東延末3丁目12番地 姫路白鷺ビル301号)の刑事弁護チームの刑事事件に強い弁護士が担当する予定です。

生田警察署に逮捕され接見・面会を弁護士に依頼する重要性

生田警察署に逮捕された逮捕者は法律の知識がないことが多々あり、拘束されて外部の社会との接点、連絡が遮断されているため、黙秘などの権利を有効に行使することが難しい状態です。
そこで、逮捕者の知識を補うことにより、防御権を十分に保障するために弁護人依頼権があります。
この弁護人依頼権を実現するためには、拘束中の逮捕者が弁護士と自由に接見・面会し、事件の内容や自分の言い分を主張することにより、弁護士による法的な適切なアドバイスを受ける機会を保障する意味があります。
この接見・面会が守られることで、拘束されて社会との接点が遮断されている逮捕者が弁護士を通じて社会との接点を持ち、精神的な安定を得られ、毎日に渡る取り調べによる疲労や重圧を回避し、弁護士が違法な取り調べがないかチェックすることで、逮捕者が不利な証言をしないように弁護士との話し合うことで不起訴に向けた弁護活動が可能になります。
また、弁護士以外との接見・面会には、立会人(警察官)が付き、接見時間も原則、20分以内に制限されます。
さらに、被疑者には接見禁止がつくことがあり、接見禁止が決定した場合は、弁護士以外は例え家族であっても接見・面会することができなくなります。

逮捕直後から刑事事件に弁護士をつけるメリット

生田警察署に万引きで逮捕されてしまった母と接見、面会して話したい

母が万引きをしてしまい、窃盗で現行犯逮捕され、そのまま生田警察署へと連行されてしまったようです。
実は母がこれまでにも何度か万引きをしており、その時には父や私が迎えに行ってすぐに引き取ることができたのですが、今回はさすがに常習犯扱いとなってしまったのでしょう、身柄を引き取って帰るどころか接見禁止で母に接見、面会することすらできません。
家族である私や父でも接見、面会することができないそうです。

母が万引きを重ねてしまっている理由は生活苦にあります。
父が去年から身体を壊して働くことができなくなってしまい、大学生の私は夜間にアルバイトをしていますが、満足いくお金を稼ぐことができず、家のローンの支払いをすると自由に使えるお金などほとんど我が家には残りません。

私の大学の授業料のことなど、様々なことを考えた末に万引きという犯罪に走ってしまったのだろうと考えています。母を庇うようなことは言ってはいけないと分かっていますが、決して愉快犯というか、特別な事情も無しに行った犯行ではないということだけでも被害に遭ったお店や警察の方に伝わればと思っています。

もちろん今回のことについては私や父も強く反省しており、二度とこんなことを起こさぬようにじっくりと話し合いを進めていくことはお約束します。
万引きという犯罪を犯してしまった母なので信じてもらえないかもしれないのですが、繊細で大人しくて傷付きやすいタイプの人間なので、接見禁止となった今、接見、面会すらできず一人きりで取り調べに対応することなど不可能に決まっています。
身勝手な話ではありますが、一刻でも早く母に救いの手を差し伸べてあげられるような方法を教えてもらいたいです。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。
実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務で負っています。
ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。
秘密厳守でプライバシーマークを取得している当法人が対応致しますので、安心してご相談ください。