任意同行・任意出頭のよくある質問 | 警察署への面会・接見、刑事弁護のことなら弁護士法人ALG刑事チームへお任せください。

刑事弁護逮捕解決 0120-773-405 お問合せ

任意同行・任意出頭のよくある質問

任意同行・任意出頭のよくあるご質問


任意同行には応じないといけないの?

あくまで任意ですから、断ることは可能です。
ただし、任意同行の場合、すでに警察が逮捕状を取っている場合もあり、任意同行を拒否するとその場で逮捕される可能性もあります。
また、その時点では逮捕状が出ていなければ逮捕されることはありませんが、任意同行を拒否した事実自体が、逃亡や証拠隠滅の恐れがあることをあらわすものだとして、逮捕状を請求されるおそれもあります。


任意同行と任意出頭の違いはなに?

任意同行は、警察が被疑者の家などに来て、被疑者に警察署などへの同行を求めることを言います。
これに対し、任意出頭は、警察から電話や手紙などで、日時を指定して警察署まで来るように求めることを言います。
どちらも任意ですが、警察が家まで来て警察署まで一緒に行く任意同行は、事案が重大であったり、緊急性が高かったり、逃亡のおそれがあったりする場合に用いられるといえるでしょう。


任意出頭・任意同行には応じないといけないの?

任意出頭・任意同行ともに任意ですから、断ることも可能です。
ただし、任意同行の場合と同様、拒否したことで逃亡、証拠隠滅の恐れがあるとして逮捕状を請求されるおそれがあります。
また、一定の軽微な事案の場合、被疑者が正当な理由がなく出頭に応じないことが逮捕の条件とされています。言い換えれば、一定の軽微な事案の場合、出頭に応じれば逮捕されることはないということです。そのような事案で任意出頭を拒否すれば、かえって逮捕という不利益を受けるおそれがあるのです。


任意出頭で時間がないため帰りたいのですが帰れますか?

任意ですから、いつでも退出を求めることができるのが原則です。
ただし、事案によってはすでに警察が逮捕状を取っており、任意出頭後の取調べで被疑者の自白を得てから逮捕しようと考えているような場合もあります。
そのような場合に退出を求めると、逮捕されてしまう可能性があります。